TOKYO TECH ENERGY COURSE


将来性、特色、学院

エネルギーコースで身につく力

多元的エネルギー学理の開拓に挑む

修士課程では、物理、化学、材料、機械、電気のいずれかのディシプリンを基礎とする高度な専門性を有し、かつ、多元的なエネルギー学理の視点からエネルギー問題解決の能力を備えた人材を育成します。
博士後期課程では、修士課程までに修得した化学、物理、材料、機械、電気の高度な専門性と、エネルギー分野に共通する学理を基盤として、エネルギーに関する体系化された幅広く深い知識をもとに、エネルギーに関わる現象の本質・普遍性を見抜き、新たな課題を設定し、これを解決に導く力と国際的リーダーシップ力を涵養します。

修士課程

  • エネルギー分野内専門(物理、化学、応用化学、材料、機械、電気)に関する高い専門学力
  • エネルギーに関わる多方面の知見を理解するのに必要な基盤的な専門学力
  • エネルギーに関する高度な専門学力に基づく実践的な問題解決力
  • 新たな課題に主体的に取り組み、究めようとする探求力
  • 多様な考え方をまとめて新たな方向性を見出す力
  • 国際的に通用するコミュニケーション力
TOPへ戻る

博士課程

  • エネルギーに関する体系化された幅広く深い知識をもとに、エネルギーに関わる現象の本質・普遍性を見抜き、新たな課題を発見・探求し、これを解決に導く力
  • 高い見識と倫理観のもとに広くエネルギー研究のフロンティアを先導する力
  • エネルギーに関わる多方面の知見を各エネルギー分野内専門の視点から有機的に結びつけ、人的ネットワークを構築し、これを活用し、展開する力
  • エネルギー分野において国際的にリーダーシップを発揮する力
TOPへ戻る

取得できる学位

修士課程 博士後期課程
化学系 理学,学術 理学,学術
機械系 理学,学術,工学 理学,学術,工学
電気電子系 理学,学術,工学 理学,学術,工学
材料系 理学,学術,工学 理学,学術,工学
応用化学系 理学,学術,工学 理学,学術,工学
融合理工学系 理学,学術,工学 理学,学術,工学
TOPへ戻る